ダウンロード
ダウンロード
引越し
ダウンロード
ダウンロード

CHECK!

赤帽車両の荷台サイズ

  • 1920石圧縮

    POINT01


    最大積載量:350kg

    荷台の縦幅:2.0m


  • 1920タイル圧縮

    POINT02


    荷台の高さ:1.6m

    荷台の横幅:1.4m


お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 24時間対応

国土交通省認可 自総第230

全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会

赤帽群馬運送

住所

〒370-0854

群馬県高崎市下之城町380-1

Google MAPで確認する
電話番号

090-8583-2284

090-8583-2284

営業時間

24時間対応

定休日 なし

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。


住宅リフォーム7

高崎の安い引っ越し業者なら赤帽!

オリコン満足度ランキング引越し会社コストパフォーマンス第1位の赤帽なら安い引っ越しが実現可能!20km圏内の引っ越しなら料金は一律13,750円、もし400kmの長距離の引っ越しでも料金は62,700円です。特に学生さんの引っ越しや就職のタイミングでの引っ越しなどで、少しでも安く引っ越したい方には特にオススメ。安さの秘密は車両1台で対応する引っ越しドライバーが1名だから。最低限の人件費で済むため、その分引っ越し料金が安くなります。もちろん荷物の量に応じて車両を2台&引っ越しドライバーを2名に追加することも可能。まずは見積もりで詳しいご提案をするので、お気軽にご連絡ください!

荷物を少なくすればその分安い料金で引っ越しできるかも!?

不要なものは処分しよう

引っ越しが決まって荷造りを始めるタイミングでやっておくといいことがあります。それは要らなくなったものを捨てる事です。引っ越し先に持っていくもので必要なものと不要なものを吟味すれば、荷物を少なくすることが出来ます。荷物の量が減れば準備するダンボールが減り、荷造りにかける時間も減らせます。さらに引っ越し先で物を荷ほどきして並べる手間も体力も節約できます。不要なものを処分する方法ですが、リサイクルショップの利用、知人にプレゼント、フリマアプリやオークションに出品、粗大ごみとして処分、など方法はたくさんあります。いくつか注意点があって、フリマアプリだと買い手が見つかるまで時間がかかったり、粗大ごみは自治体に費用が発生したりする場合があります。

引越し見積もり価格相場は、荷物の量や移動距離だけでなく、引越し時期によっても変わります。そのため、引越しにかかる費用をできるだけ抑えるためには、引越し見積もり価格相場を知ることが大切です。10月の単身者の引っ越し費用の相場は、 荷物が少ない場合が約28,500円~31,320円、 荷物が多い場合は約34,040円~39,500円です。相場よりも安い金額で引越しするために、まずは基本的な引越し料金の構成を確認しましょう。また、通常期の中でも「引っ越し日を平日にする」「業者指定の日にする」「作業時間をおまかせにする」ことでさらに引っ越し費用が割安になる可能性があります。引越しをする人数が増えたり、間取りが広くなると荷物量が増え、料金が必然高くなります。また、距離が遠くなるほど金額が高くなるのは、引越し料金の内訳にある『運賃』が高くなるためです。引越し業者への依頼が集中する3・4月は引越しの「繁忙期(需要期)」と呼ばれ、引越し会社への申し込みが増えることで料金の相場が高騰します。 逆に、5月~2月までの時期は「通常期(閑散期)」と呼称し、依頼者が少ないので引越し費用は安く済みます。引越しにかかる費用は、引越し時期や曜日・時間帯、移動距離、引越し業者の人数などの条件によって大きく変わります。そのため一概に「このくらいの料金」と表現することは難しいですが、条件ごとにだいたいの費用相場を把握しておくことで、自分の場合はどのくらいの引越し費用がかかるのかをある程度見極めることが可能です。引越しの際に、費用がいくらかかるのかは気になる点です。新生活のスタートには、新居を契約する際にかかる敷金礼金や、家具・家電の購入にかかる費用なども必要となるため、少しでも引越しにかかる費用は抑えたいところでしょう。


通常期は引越しの依頼が少なくなるため、繁忙期に比べると引越し価格相場も比較的落ち着いています。繁忙期と通常期の価格相場の差額は、荷物が多い単身者で約1万〜18,000円と軽視できない内容です。11月の一人暮らしの引越し費用が安い時期は中旬です。 11月は10月よりも引っ越し料金が安く、 12月よりも安い傾向にあります。 引越しするタイミングによっては、費用を安く済ませることができるのでおすすめです。安くなる条件が満たせなくても、早めに予約すれば引越し料金を安く抑えられる場合もあります。 引越し業者としても早めに予定を入れてしまいたいもの。他社に顧客を奪われないよう、引っ越し料金の値引き交渉に応じてくれることも多いです。相場よりも安い金額で引越しするために、まずは基本的な引越し料金の構成を確認しましょう。 引越し料金は「基本運賃」「割増料金」「実費」「オプション」の要素で構成されています。引越し料金は条件次第で変わってくるうえに、定価というものが存在しません。依頼する引越し業者によっても引越し料金は異なります。繁忙期は通常期と逆で引越しをする人が増えます。その分トラックや人員の調整がつきにくくなり、料金が高くなります。繁忙期の2月・3月・4月は就職・転勤や学校などの入学時期に当たるため転居する人が増えますが、もし時期を調整できれば繁忙期は避けたいものです。引越し業者に支払う料金は、作業時間に影響するため依頼者の荷物の総量によっても上下します。 各家庭の荷物量は、いま居住している家の間取りによって概ねの総量を計ることが可能です。引越しすることが決まったら、引越しに必要な予算をより正確に把握し余裕を持って準備できるように、現在自分が引越しを予定している時期ではどれくらいの引越し費用が相場なのかを把握しておきましょう。転入・転出手続き、ガス、電気、水道……引っ越しをする際に行う手続きを挙げはじめるとキリがありません。しかも、ひとつでも手続きに失敗すると、大変不便な思いをする場合も。初めての引越しで「何から取り掛かればいいのか分からない…」 そうお悩みの方も多いのではないでしょうか?引越時には多くの手続きが必要です。このチェックリストを使用して、 一つひとつチェックしながら確実に済ませてしまいましょう!引っ越しの前後では、ライフラインの手続きだけでなく、転出・転入届の提出、運転免許証や車庫証明の住所変更など、非常に多くの手続きが必要となります。実際のところ、引越しの見積もり依頼はいつまでに済ませるべきなのでしょうか。 中には「引越しの依頼はギリギリでも大丈夫」という方も多いものの、余裕をもって準備した方が良いでしょう。また、引越しの費用を抑えるコツを把握し、引越しを効率よく進めていきましょう。同じ引越し業者でも、条件によって相場より安いプランもあれば、高いプランも存在します。その為、特定の業者に当たりをつけていたとしても、他の業者にも見積もりを取ることは大切です。


引越しの価格には定価がありません。さまざまな条件によってケースごとに値段が決められるため、引越しの価格がどのように決められているか知らないという人も多いのではないでしょうか。11月の家族の引越し費用が安い時期は中旬です。 11月は10月よりも引っ越し料金が安く、 12月よりも高い傾向にあります。 直近3か月では9月が最も安く引っ越しができるため、少し時期を遅らせることをおすすめします。引越し業者には安心できるサービスの提供をしっかりと行うことを目指す会社もあれば、知名度が高くないためたくさんの仕事を獲得して実績を積み重ねていきたいと考える会社もあります。安くなる条件が満たせなくても、早めに予約すれば引越し料金を安く抑えられる場合もあります。 引越し業者としても早めに予定を入れてしまいたいもの。他社に顧客を奪われないよう、引っ越し料金の値引き交渉に応じてくれることも多いです。移動距離が短い場合は時間、長い場合は距離で計算され、休日や早朝・深夜の場合割増料金がかかります。法律により上限金額が定められいるので、一定の金額以上が請求されることはありません。なお、距離制運賃が採択される100kmを超える長距離引越しの場合、運搬トラックを一定時間以上、留めることになると別途で「車両留置料」が発生してしまいます。

基本運賃は引越しで移動する距離、荷物の量、作業時間によって決まります。国土交通省が定める「標準引越運送約款」を基準にしているため、引越し業者によって大きく変動することは基本的にありません。12月の家族の引越し費用が安い時期は中旬です。 12月は10月よりも引っ越し料金が安く、 11月よりも安い傾向にあります。 引越しするタイミングによっては、費用を安く済ませることができるのでおすすめです。引っ越し業者は3か月先まで見積もりをとることができるため、引越し時期を遅らせられるのであれば安く済ませることができます。全国規模の大手引越し業者か、地域密着の中小規模の引越し業者かによっても引っ越し料金は異なります。 大手引越し業者は幅広い条件の引越しに対応可能でサービス内容も充実していますが、引っ越し料金は高めに設定されている場合があります。まったく同じ条件で見積もりを依頼しても、引越し業者ごとの重視しているサービス内容、業者の規模、予約状況などによって、金額が異なる場合があります。ダンボールやガムテープ等の梱包資材料金に加え、一番大きな金額となるのが引越しスタッフの人件費です。荷物が多ければそれだけ運ぶ人数が必要になり、料金が高くなるというわけです。車両留置料は、たとえば新居にトラックが到着しても荷主がなかなか現場に到着しなかったり、新居への搬入ができなかったりといった状態が起き、作業員が予期せぬ時間分の拘束を強いられる際に請求されます。ただし、業者間やプラン間における差分が通常期より大きくなりやすい点も特徴で、繁忙期では2倍以上の差がつくことも珍しくありません。そのため、割高になりやすい繁忙期の引越しであっても、業者やプランを上手に選べば、ある程度コストの増え幅を抑えることが可能です。実費は、引越し作業の際に必要な人件費や、ダンボールや緩衝材などの梱包資材費、トラックの交通費にかかる費用です。遠方への引越しの場合は、有料道路の利用料金も実費としてかかります。家が広く、荷物が多く、運搬距離が長いほど、実費は高くなるでしょう。家族引越しの相場としては、平均70,000~90,000円です。ただし、これも距離によってかなり金額に差が出てしまいます。


男性/単身 高崎~前橋

口コミ

荷出しは妻に任せて受け取りを私がしたのですが、その納入を一つ一つ丁寧に運び込んで切れているのが印象に残っています。狭いドアのところも工夫して傷つけることなくソファなどを運び込んでもらえました。急な異動で、引っ越し日までドタバタでしたが事前対応の方・荷出しと荷入れの現場の方が共に明るく、スムーズに対応して頂けました。パートナーが以前アート引越センターを利用した事があり、その際もかなり良くしてもらったと聞いていたので利用してみましたが、とても良かったです。 別会社で日通、ヤマト運輸、サカイ引越センターも検討していましたが、最初にネット見積もりをして、その価格を各社に伝えた所1番安価にしてくれたのがアート引越センターさんで、半額以下にまでしてくれたのは嬉しかったですが、最初は大丈夫なの?と思いました。ネット見積もりのままお願いしていたらかなり損をしていたのでは…?と思いますので、ネット見積もりだけでなく電話で聞いてみる事も必要かと思います。 引越しサービスに関しては、見積もり時点よりも荷物が増えてしまいましたが、来て下さった方が快く「いいですよ!」と運んでくれたのが好印象でした。 時間もピッタリだし、引越し元でも先でも養生は玄関周りだけでなく、アパートの動線全体にしてくれたりして傷がつかないようにかなり気を使ってくれていました。 思い出しましたが、天気が悪くて結構雨が降っていましたが、布団などは極力濡れないようにビニールを被せてくれたりしていて、きっとあれは会社から言われている事では無いと思いますので、お客さんに何が出来るかをかなり考えてくれていて素晴らしい担当さんでした。 もし次回引越しすることがあればまた利用したいですし、周りにも勧めたいなと思うくらい良かったです。 上記の理由から最大限に満足しましたので高評価とさせて頂きました。


Related

関連記事